『三つの気』を育てよう

こんにちは☀️

いつもYMS&MPGを応援していただきありがとうございます🌱

ニュースを見ていると、前回の台風の被害を受けている地域があり、今も復旧活動が続いているみたいですね…
そんな中での、週末の台風…被害が拡大しませんように…😭

前回の続き、陰山英男さんの熱い言葉の紹介をします✨
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
*『三つの気』を育てよう🌱🌱🌱

家庭の第一の役割は、『子どもを元気にする』ことです。
元気な子どもは活発です。好奇心に満ちあふれています。やる気があるのです。
元気な子どもは、少しの失敗を気にしません。根気があるからやり直しができるのです。
お母さん、お父さんに『うちの子、勉強の方はいま一つだなぁ』とご相談を受けたとして、元気、やる気、根気の『三つの気』があるお子さんなら、基本的に心配いりません、と私は申し上げるでしょう。
しかし、この『三つの気』は、放っておいて子どもたちが勝手に手に入れられるものではありません。

*早寝、早起き、朝ご飯
まず、元気が出る生活習慣にしましょう。
ずばり、早寝、早起き、朝ご飯です。
私は、これまで教師として子どもたちと早寝、早起き、朝ご飯の生活づくりに取り組んできました。私はいくつもの学校に勤めてきましたが、学校にこられる方はみなさん『子どもたちは、みんな元気ですね』と口を揃えて言ってくださいます。

低学年なら、夜は9時半までに就寝し、朝は6時半には起き、朝ご飯を必ず食べる。
一昔前の子どもたちが、当たり前のようにしていた生活をすることで、子どもたちは本当に活発になります。活動的になるということは集中力が高まるということでもあります。

血の巡りが良くなるわけですから、学習面でもそれだけ効率があがります。

*一人にさせないで

学習やスポーツなど、やる気・根気を育む場面はいくつもあります。
共通するのは、親なり指導者なりが子どもを励まし続けることと、子どもが一人でするのではなく一緒にする誰かがいることです。
家庭では親が、学校では教師と友だちが周りにいて、互いに気にかけ励まし合いながら取り組むことでやる気と根気が育っていきます。
生を受けて10年にならない子どもたちです。弱い存在なのです。一人では育ちません。私が低学年の子どもの家庭学習をリビングですることをおすすめする理由もそこにあります。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

元気🌱
やる気🌱
根気🌱

この三つの気は小学校教師時代もたくさん耳にしました!

この三つの気を兼ねそなてた元気な子どもを育てたいですね💕

まずは基本的な生活習慣を見直しましょう✨
フルタイムで仕事をしていると、帰宅後子どもの習い事の送迎をしたり、宿題をチェックしたり、子どもとその日一日の話をしたり、ご飯、お風呂…となるとあっという間に22時近くに…なんてことよくあると思います。

私も自分が教師をしていた頃はそんな感じでした😢
なので、翌朝7時に出勤する頃にまだ子どもたちは起きられず…という状態でした💦

でも、今は21時には布団に入るようにがんばってます💪
そして、私も21時に一緒に寝ています(笑)
なので、朝は6時半には子どもたちも起きられるようになりました✨眠そうだけど…😅

朝ご飯もなかなか喉を通らないこともあるのですが、そこは親として子どもの栄養を考えながら、食べやすいものを出してあげないとダメですよね…分かってはいるのですが、ついついパンに走りがちな私です🤣笑

さて、今日からまた気合い入れるぞー💪😆!

次回は『家庭学習で育てるやる気と根気』です🌱お楽しみに~。

yms*ヤムズ*~ゆったりまったり癒しの空間~

大阪府南河内のプチ田舎にひっそりと自宅サロンopen🎀隠れ家のような癒し空間で、ゆったりまったりとした時間をお過ごし頂き、日頃の疲れを癒してください 📒メニュー📒 推拿経絡アロマトリートメント 耳ツボジュエリー 病院に行くほどではないけどつらい症状『未病』の段階で体の滞りを和らげ、人間が本来持っている自然治癒力をÜPさせ、元気で笑顔あふれる日々が続きますことを心より願っております

0コメント

  • 1000 / 1000