甘えさせ上手?甘えさせ下手?結果発表!

ドキドキ☺️✨

私もこのアンケートやってみましたが…なんかどれにも当てはまらないなー…と、無理やり点数をつけた所もあったから、正確には判定でないかもーって感じです。

でも、ざっくりした感じでもなにか子育てのヒントになることがあるかもなので、見ていきましょう✨

🎀甘えさせ上手タイプ🎀
あなたのお子さんへの対応はとても上手にできています。
お子さんは少し神経質で心配性なところがあるタイプですが、そのお子さんの個性を認めて上手に子育てをしているようです。
このタイプのお子さんには「ママがついているから安心してね。大丈夫だよ」といったメッセージが伝わるような対応をしてあげることが大切です。
そうすると子どもは親を頼って甘えてきてくれます。そうした親子のしっかりした絆が築かれれば、誰に対しても心優しい性格のお子さんに成長していきます。

🎀ほったらかしタイプ🎀
お子さんがおとなしく静かに一人で遊んでいると、つい親は子どもをほったらかしにして、自分の仕事や家事をしてしまいます。
たまに子どもが「ね~、ママ聞いて…今日幼稚園でね…」と何か話したそうにしてきても「ママは忙しいから後でね」と子どもの話に耳を傾けようとしなかったりしてしまいます。
神経質な面が強いこのタイプのお子さんは、食べ物の好き嫌いが多かったり、新しい場所に馴染むのに時間がかかったりと育てるのち大変な面もありますが、その分感情が豊かなお子さんです。そのお子さんの良さをしっかり理解してあげましょう。
実はお子さんはもっと甘えたいのに甘えられず、いつママに甘えていいのか、そのタイミングをつかめないでいるのかもしれません。
お子さんの話にしっかり耳を傾けて、たまには大好きだよーとギュッとお子さんを抱きしめてあげてください。

🎀わがままに注意タイプ🎀
このタイプのお子さんは、活動性が高い元気なお子さんが多いようです。
食べ物も好き嫌いが少なく親にしてみれば助かりますが、いったん言い出したら親の言うことをきかない頑固な面もあります。
このタイプのママは穏やかにお子さんに対応できます。
怒鳴りつけたりたたいたりするのではなく冷静に子どもに対応することはとっても大切なことです。
ですが、子どもの要求をすべて受け入れてしまうと、わがままな子どもになってしまいます。
認めてあげてもよい要求と、あげられない要求をあらかじめ決めて、一貫性をもって子どもに対応することが必要だと思います。
お子さんの活動性の高さを積極的に育てていきたいものです。

🎀悪循環タイプ🎀
このタイプのママは、よくお子さんに「〇〇しなさい」ときつく叱ったり、ピシャッとお子さんを叩いたりする傾向があります。
なぜならとっても活動性が高く手がかかるお子さんであるため、育児ストレスも高くなっているからです。
「早く寝なさい!」といくら親が大声を張り上げても一向に子どもは寝てくれません。しかたなく、更に大声をあげてしまう…そんな悪循環の毎日です。
こんな時は、逆に声のトーンを下げて小さな声で子どもに対応してみてください。
『あれ?今日のママの様子はいつもと違うぞ…』と不思議がって自らお布団に入って寝てしまうかもしれません。
親が子どもに受容的な対応ができるようになると、子どもは親に悩みや嫌だったことを自ら話してきます。
安心して甘えられる環境がある家庭のお子さんは、将来、必ずいい子になります。


みなさん、どうでしたか?
私は娘が「わがまま注意タイプ」で、息子が「甘えさせじょうずタイプ」になりました。
うーん…私、すべてのタイプを見て…なんか時と場合でどのタイプも当てはまるとこがあるなーと思いました😅
私の心に余裕がない時には、イライラして怒鳴ってしまうときもありますしねっ(笑)

まずは、子どもの目線にたって、子どもがいつでも甘えたいと思えるような母になれるように器を広げたいと思います✨✨

次回は「子どもの本音はしぐさに出る」をÜPしたいと思います✨
お楽しみに~♪

yms*ヤムズ*~ゆったりまったり癒しの空間~

大阪府南河内のプチ田舎にひっそりと自宅サロンopen🎀隠れ家のような癒し空間で、ゆったりまったりとした時間をお過ごし頂き、日頃の疲れを癒してください 📒メニュー📒 推拿経絡アロマトリートメント 耳ツボジュエリー 病院に行くほどではないけどつらい症状『未病』の段階で体の滞りを和らげ、人間が本来持っている自然治癒力をÜPさせ、元気で笑顔あふれる日々が続きますことを心より願っております

0コメント

  • 1000 / 1000