ほめて、子どもをダメにする親・伸ばす親

いまや、叱るよりも褒める子育てを!という流れが世間一般です。
子どもだけでなく大人もずーっと叱られているよりも、褒めてもらった方ががんばろって思えますよね😌
しかし、口先だけのほめ言葉は、子どもにプレッシャーや不安を与えるだけだそうです。
では、どんな風に声をかければ子どもの自信とやる気を育てることができるのでしょうか?
ほんと、ほめ方って、簡単なようで難しいですね。
ちょっと見直していきましょう。

あなたはどっち?!と聞かれても…どっちもやーって、私は突っ込んでしまいました(笑)
両方のほめ方やってる(笑)

では、もっともっと見ていきましょー!

🎀親がやりがちな5つのNG🎀
⑴結果のみをほめる

⑵他の子と比較してほめる

⑶今ほめずに後でほめる

⑷ほめながらも不満な点を付け加える

⑸過度にほめる

なるほど、確かに、このようなほめ方では、ほめているつもりでも、逆効果になってしまいそうですね😢

親として子どもが納得して本当によかったと思えるような言葉がけをしたいですね✨✨

「叱る」がないと、「ほめる」が活きない…深い…納得✨✨
時に叱り、時にほめる、そして、ほめる方がやや多いのが理想かぁ!!
その通りですね✨

今日から実行するぞー💪

次回は「やる気にさせるほめ方は?」をÜPしますね。お楽しみに~♪

yms*ヤムズ*~ゆったりまったり癒しの空間~

大阪府南河内のプチ田舎にひっそりと自宅サロンopen🎀隠れ家のような癒し空間で、ゆったりまったりとした時間をお過ごし頂き、日頃の疲れを癒してください 📒メニュー📒 推拿経絡アロマトリートメント 耳ツボジュエリー 病院に行くほどではないけどつらい症状『未病』の段階で体の滞りを和らげ、人間が本来持っている自然治癒力をÜPさせ、元気で笑顔あふれる日々が続きますことを心より願っております

0コメント

  • 1000 / 1000